ゆったりおったりの森
Yuttari Ottari no Mori

 
巡る季節の中で・・・結ったり・・・織ったり・・・
この森は大地に根ざした暮らしの文化を今を生きる人たちと共に育み、 創り、未来へ繋げる場です。
 
文化は、 繰り返しと積み重ねにより育まれ、多様なものたちが出逢い習合されることで創られ、 気づけば、どっしりとした重みや温かみや彩りを伴って、そこに在り、私たちを支えてくれるもの。

私たちはもうすでに、
たくさんの恵みを自然から受け、たくさんの宝物を先人たちから受け継いでいます。
 
今ここに生かされている喜びと感謝を胸いっぱい。
焦ることなく、一つ一つ丁寧に、五感を働かせて、自分の手を動かしてみよう。
 
ゆったりおったりの森は、この喜びと感謝を、 日本人が息をするごとく行ってきた細やかな思いやりの心の結晶である「室礼」を 暮らしの真ん中に据え、 季節の巡りと共に、田畑を耕し、タネを蒔き、心を込めて手を働かせ暮らしを紡ぐ「キセツクラシ」を 子どもたちをはじめ、たくさんの方々と共に行う機会を提供することで、 未来へと還元しています。
 
Shitsurai is a Japanese art of bringing seasons into everyday life. This art has been practiced in Japan for thousands of years. With every rhythm of season and life, the Japanese people have celebrated with shitsurai by mindfully arranging vegetables, fruits, grains, flowers and other symbolic tools and objects.

Yuttari ottari no mori means “tying and weaving of the forest,” and it is the figurative name we use for the activity of binding ourselves through time to our family past and future by bonds of the living forest.


Shitsurai is a way for children and adults to come together and practice Yuttari ottari no mori. Shitsurai provides a framework of ritual and vocabulary which adds meaning and beauty to an encounter with the natural world. The practice of doing shitsurai by hand forms strong sensory memories in childhood which can become part of the lifetime foundation of the child’s sentimental relationship with nature and Japanese culture.

 
 

 
 

 
 

 
 

 Instagram (@risa_kazama_yuttariottari)

ゆったりおったりの森