2020.3.28

浮き立つ春の息吹、次々と咲き誇る色とりどりの野の花々、その美しさと力強さとを窓の外に眺めながら、今、それぞれのひと時をみなさんお過ごしのことと思います。
今日は、去年お友達にタネを分けていただいたノラボウ菜が元気に育ったので収穫して、お浸しにして食べました。下の子に収穫してもらったので、ついでに、ハコベもついてきましたが、それも一緒に。
以前子どもたちとのお散歩中に拾ったカシワのどんぐりからは、かわいい新芽が芽吹きだし、ぱっと開いたその姿は子どもたちの小さな手のよう。やわらかい産毛が生えていて、思わず手をつなぎたくなる。
子どもたちは特設日向ぼっこ読書スペースを作り、本読みに耽り、それがひと段落すればクリエイティブなレゴブロックス祭り◎今までのペースでは味わえなかったであろう、ゆったり時間です◎
 
先行きが見えない日々ですが、どうか一人一人の心穏やかな平和な日常が守られていますように◎

2020.3.25

第十候 桜満開(さくらまんかい)
今朝はやけに鳥の声がよく聞こえる。人の動きが静かなせいかな。


3/20 〜 3/25 雀始巣(すずめはじめてすくう)

2020.3.18

第九候 菜葉摘(なっぱをつむ)
お友達から頂いたタネから育った菜葉を摘む。


3/16 〜 3/19 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

2020.3.15

第八候 小柏手啓(ちいさきかしわでひらく)
以前子どもたちとお散歩中に拾った柏のどんぐりが幼木に育った。
冬を越しふわふわの産毛の生えたかわいい葉を広げているその様は小さい時の子どもたちの手に似ている。かわいくて。かわいくて。「おててつなごう。」っていいたくなる。


3/11 〜 3/15 桃始笑(ももはじめてさく)

2020.3.5

第七候 唯祈平和(ただ平和を祈る)
雛祭りに、ただただ平和な世の共創を願う。


3/5 〜 3/10 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

2020.3.4

第六候 地響吹白炎(ちひびきはくえんをふく)
春の嵐のゴーッという地鳴りのような地響きのような春の声が聞こえてきたら、私はハクモクレンの木のところにとんでいかずにはいられないのです。
やっぱり。咲いていました。白い炎◎あまりのその勢いに私の頭の中も真っ白。。。


3/1 〜 3/4 草木萌動(そうもくめばえいずる)